FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

股関節痛と変形性股関節症

股関節痛と変形性股関節症

股関節の痛みの原因として最も多いのが【変形性股関節症】
変形性股関節症は、一次性と二次性があります。

一次性とは、発症の明らかな原因を特定できないもの
股関節の形状などには特に異常はなく、
加齢や体重の過剰な負荷によって起こります。
日本では少ない一次性の変形性股関節症ですが
高齢化と過度な肥満や激しいスポーツなどにより
増加傾向にあります。


二次性とは、明らかな原因のあるもの
欧米では一次性が多いですが、日本では二次性の変形性股関節症が
9割以上を占めています。
日本人に多いのが、臼蓋形成不全です。
『臼蓋形成不全』とは、幼少期より寛骨臼の形状に異常があり
大腿骨頭を十分に覆えていない状態を指し、発育性股関節形成不全などがあります。

骨盤

臼蓋形成不全では、大腿骨頭が覆われている面積が狭いと体重を支える面積が狭くなり
局所的に体重の荷重がかかるため不安定な状態になります。
そのため寛骨臼と大腿骨頭を覆う関節軟骨がすり減りやすくなり
すり減った関節軟骨の破片が免疫反応により異物としてとらえるために
股関節全体を覆っている滑膜に炎症が起きて痛みがでやすくなります。


炎症が起きると関節軟骨の破壊が進み変形が生じてきます。

歩行時には着地した衝撃などもあり体重の10倍もの負荷がかかる場合もあります。
速く歩くと衝撃が強くなり股関節へのダメージも強くなります。
慌てずにゆっくりと休憩をとりながらマイペースで歩くと股関節にもやさしく
できるだけ負担の少なくするポイントとなります。

変形性股関節症の痛み
●立ち上がる時に痛みがある
●歩きはじめに痛みがある
●長時間歩くと痛みがある
●階段の昇り降りで痛みがある
●座っている時に痛みがある
●就寝中に痛みがある


股関節痛だけでなく腰痛やひざ痛の原因になることがあります。
股関節痛が進行すると大腿骨頭の位置がずれてしまうため
左右の脚長差がでてきます。
脚長差があると股関節の痛みのある側の脚をかばうので
体を揺らしながら歩くようになり全身のバランスを崩しやすくなります。


脚長差があると骨盤の歪みが生じて、骨盤の傾きを修正するために
背骨の歪みが起こってきてしまいます。


そのため、股関節痛だけではなく、腰痛や坐骨神経痛・ひざ痛などが起こりやすくなりますので
早めの対処が重要です。


≪全身バランス整体療術院での施術方法≫
【全身バランス整体】
変形性股関節症により股関節の可動域が狭くなり
股関節周囲の筋肉が緊張したり拘縮するため
可動域を広げて股関節の位置・角度調整を行います。
股関節

さらに、股関節に連動して上半身の関節も動かしにくくなるので
股関節だけでなく、腰を含め上半身の調整も行い『全身のバランス』を整えていきます。

股関節の可動域を広げて動きを良くすると、筋力の低下や骨粗鬆症と
変形性股関節症の痛みの軽減や進行予防に役立ちます。


【マグネットセラピー】
股関節を動かし、関節を守る役割をしている股関節の周囲にある多くの筋肉が
痛みのために動かしにくくなり、筋力が低下するという悪循環になります。
全身バランス整体を行い、動かしやすくなった股関節周囲の筋肉へ血液の循環を良くして
筋肉へ栄養や酸素などを送り届けて股関節の柔軟性を高めます。

【もっと詳しくマグネットセラピー】

薬物療法での副作用が気になる方や、人工関節置換術などの手術を考えてはいるが
人工関節の耐用年数があるため『すぐに手術をしたくない、できるかぎり自分の関節を維持して
いきたい』と悩まれている方など、どうぞお気軽にご相談ください。



 香川県高松市の整体
全身バランス整体療術院
スポンサーサイト
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。